読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facebookの文化「ハッカーの流儀」

Facebookの文化であり、マネジメント手法と唄っている
ハッカーの流儀
を読んで、共感する部分があったので纏めた。

ハッカーの流儀というのは継続的な改善と反復をともなう構築アプローチです。 ハッカーは常に物事は改良でき、いかなるものも完成することはないと信じています。彼らは直さずにいられないのです。 時には現状に満足した人々やそんなこと不可能だと言う人ばかりがいる中でそうします。

終わりがないものに挑んでいるからこそ、満足してそこで手が止まったらダメだと感じた。

以下、5つの価値

  1. インパクトへの集中

    最良の方法は常にもっとも重要な問題に集中するということ

  2. 素早く動く

    壊してでも早く進め

  3. 大胆に

    最もリスクが高いのは何もリスクを取らないこと

  4. オープンに

    人々はより多くの情報を手にしてより良い決断をし、よりインパクトの大きなことができるようになります。

  5. 社会的価値を生み出す

    何をするときであれ、世界のために本当の価値をどう作り出すかに常に集中するということです。

まとめ

「コードは議論に勝る」